凸凹コンビの日々のこと

旅行、美味しい物、本、カメラ、洋裁 等

プラハ旅行2日目 市民会館(Obecní dům)②

DSCF3083-1.jpg

いよいよムハ(ミュシャ)の部屋。
Mayor’s Hall

壁画は3つ。
ムハの国を愛する心から、チェコの歩んだ暗い歴史と、これから訪れるであろう明るい未来を夢見て描いたもの。
左から、犠牲(過去)
IMG_3810-2.jpg

自身の力(未来)
IMG_3819-3.jpg

男らしさ(現代)
IMG_3820-4.jpg


天井に向かって描かれている8つの人物画は、チェコの歴史上の重要人物であり、それぞれの人物の性格を象徴する言葉が、ムハ独特の飾り文字で書かれている。
左:ヤン・ジシカ=戦いに臨む勇者「Bojovnost」  右:ヤン・アモス・コメンスキー=忠誠「Věrnost」
IMG_3811-5.jpg IMG_3812-6.jpg

左:ペルンシュテインのヴォイチェフ=力強さ「Síla」  右:ホツコ人(南西ボヘミアの国境を守っていた俗に”ドッグ・ヘッド”と呼ばれた民族)=番人「Ostražitost」
IMG_3813-7.jpg IMG_3814-8.jpg

左:ドゥバーのヤン・ロハーチ=厳格さ「Nepoddajnost」  右:ポヂェブラトのイジー=独立「Samostatnost」
IMG_3815-9.jpg IMG_3816-10.jpg

左:ヤン・フス=正義「Spravedlnost」  右:プシェミスロヴェツの女王エリシカ=母性的叡智「Moudrost Mateřská」
IMG_3817-11.jpg IMG_3818-12.jpg 


天井画は、スラヴ民族の営みが円形に描かれており、その空の中央には翼を盾にして人々を守っている大きな鷲が描かれている。
DSCF3084-13.jpg


ソファの背に描かれた2つの絵。
IMG_3827-17.jpg

DSCF3087-18.jpg


絵だけでなく、ステンドグラスも素晴らしい。
DSCF3079-15.jpg DSCF3089-16.jpg


左:こんなに美しい通気口ってあるでしょうか?  右:カーテンの刺繍も凝っています
DSCF3086-19.jpg DSCF3090-20.jpg


Rieger Hall
IMG_3831a.jpg
右側の絵の一番右がドヴォルザークで、その左がスメタナらしい。


ステンドグラスが美しいドアの向こうは最後の部屋、Sladkovský Hall
DSCF3094a.jpg
とてもシンプルな部屋でした。


廊下
DSCF3097a.jpg

上には何があるのでしょう?
IMG_3835a.jpg

市民会館は中央にスメタナホール、それを囲むように部屋があります。
上から見ると三角形。
外観は2階建てですが、7階あるんだそうです。
不思議な作りですね。
各部屋でまったく趣が異なり、見応えがありました。
メインは市長の間(ムハ)と思っていましたが、細かい装飾も見逃すなかれ
通気口やカーテン、ドアの装飾等、精密で美しかったです


Noc kostelůまでまだ時間があるので、ぶら下がり男を探しに行きます





スポンサーサイト

香川旅行④ うどん屋さんを回ってみる…2店だけ 1店目

とりあえず御飯も食べずにこんぴらさん参りを済ませ、うどん屋さん巡りへ
琴平から山を飛び、踏切を越え
民家もまばらで途中、何度も道が合ってるか不安に襲われるような、そんな風景の薮の中にある饂飩屋さん
シチュエーションで勝ち感漂う『山内うどん店』
DSCF2978aa.jpg
入ってすぐの左手にあるカウンターにて注文のセルフスタイル
メニューは かけの「ひやひや」「ひやあつ」「あつあつ」前が麺、後ろがダシの温度
後は 醤油、湯だめ
量は大中小あり、それぞれ400円、300円、200円

記録的な猛暑が早いうちから訪れた今夏
そんな時に書いてはいるが、行ったのは1月のため、注文は「ひやあつ」
うどんは冷たいものが好きなのだけれども、冷えた身体は温かさを欲していたのでツユだけでも温かいものとする
おススメも「ひやあつ」みたい

ひやあつ(小)200円
IMG_0506aa.jpg
うどんは細かったり太かったりで柔らかめ
ツユはイリコの効いた昔風の旨い出汁

一緒に写るは「えびてん」値段は忘れる
お正月明け直ぐだった為か、天ぷらほぼ無し、おばちゃんが「~のエビテンだから美味しいよ」って言ってたので頼んでみる。どこのだったかは忘れた、というよりは聞いていなかった
後、擦って入れてねと言わんばかりのおろし金と生姜。衛生面は殺菌作用のある生姜なので問題なしだと思われる
IMG_0505aa.jpg
えびてんは予想に反して練り物
ふわっとした食感で海老の風味が少しする美味しい物だった

外には大量の薪が
IMG_0507aa.jpg
これでうどんを湯がいてるのか?


【山内うどん店】   
住所:香川県仲多度郡まんのう町十郷字大口1010   
電話:0877-77-2916   
営業時間:9:00~麺終了次第   
煙  草:完全禁煙
定休日:木曜日
駐車場:あり

プラハ旅行2日目 市民会館(Obecní dům)①

DSCF3098-1.jpg

『MAITREA』でランチを食べ終わったのが13時。
13時半の市民会館のツアーに間に合いそうなので、ウンゲルトや火薬塔を見つつ向かいました。

上の写真は入口のステンドグラス。市民会館と言えばアールヌーヴォー。
とっても綺麗でした

入って左側のチケット売り場でチケットを購入。
 見学料 290Kč + カメラ 55Kč × 各2人分 = 690Kč

チケットに印字された時刻を見ると13:29でした。
ギリギリセーフ

と思ったら、この後もツアー参加者が来ていたので、時間丁度にツアーが始まるわけではなさそう。
しばらく待つと女性のガイドさんが登場。
チケットを確認し、カメラ代を払った人には首から下げるパスをくれます。

ツアーは英語ですが、日本語の冊子が貸し出されます。
この冊子、情報満載でじっくり読みたいのですが、そうするとせっかく目の前にあるものを見れない
写真も撮りたいし、そうなると読む時間がなく…
こんな時、つくづく英語が解ればな~と思いました

エレベーター(現役です)
DSCF3052-3.jpg
左右にあり、左が大統領用で右が市長用。
この写真は右側なので市長用。

中央クロークルーム
IMG_3746-2.jpg
玄関ホールからメイン階段を上ったところ。


Smetana Hall
IMG_3749-4.jpg
プラハ交響楽団の本拠地。
プラハの春国際音楽祭は、ここのオープニング・コンサート『スメタナの「わが祖国」』で始まります。

ボックス席
IMG_3753-5.jpg
左右にあり、左が大統領用で右が市長用。
この写真は右側なので市長用。

1200名を収容できる客席
IMG_3766-6.jpg

大きな丸いステンドグラスからは、柔らかい光が入ってきます。
DSCF3062-7.jpg
ステージ上には世界最大クラスのパイプオルガンがあり、スメタナのブロンズ製のレリーフが飾られています。


Confectionery
IMG_3771-8.jpg
金と白と鏡が多用されていて明るい部屋で、休憩室の一つ。


Moravian Slovak Parlour
DSCF3068-10.jpg
水槽の側面のカタツムリの装飾。
こちらも休憩室。シックで落ち着いた雰囲気。


Božena Němcová Parlour
DSCF3069-11.jpg
可愛いモザイクの噴水。
チェコを代表する小説家の名前がついた休憩室。


Oriental Parlour
IMG_3784-12.jpg
私が一番気に入った部屋。

天井の模様もソファーの刺繍も可愛い
IMG_3787-13.jpg

カーテンの影さえも美しい。
IMG_3793-15.jpg


Grégr Hall
IMG_3798-16.jpg
重要な政治家であり「国民新聞」の創始者ユーリ・グレーグル博士の名がついたホール。
天井と壁の絵画は、フランチシェク・ジェニーシェクの作。
天井の絵画は3つあり、「生命、詩、死」の名がついている。
ということですが、どの絵がどの名なのか分からず…

壁の絵画も3つ。左から「慈悲の歌、戦争の歌、弔いの歌」。
IMG_3801-17.jpg
中央の「戦争の歌」の中には馬が何頭いるでしょうか?というクイズが出題されました。


Palacký Hall
IMG_3804-18.jpg
重要な活動的人物で、歴史学者・政治家でもあったフランチシェク・パラツキーの名がついたホール。
天井と壁の絵画は、ヤン・プレイスレルの作。
壁の2つの絵画は彼の想像による風景画で、左が水浴びをする女たち、右が「槍を手に白馬に跨り勝利に浸る青年の姿。

天井の絵画は「少女と飛翔する鳥たち」
DSCF3077-19.jpg


次はいよいよムハ(ミュシャ)の市長の間。


プラハ旅行2日目 旧市街広場~「MAITREA」でランチ

DSCF3110a.jpg

ペンションで一息ついて、とにもかくにもまずは両替所に向かいます。
地下鉄で一駅。Staroměstská駅から旧市街広場に向かって歩き、Kaprova通りとMaiselova通りの角にある青看板の『Exchange』。
IMG_3681a.jpg

地球の歩き方にも載っていて、ネット上でも優良だと評判です。
とはいえ他の両替所のレートも確認してからと思っていたのですが、いかんせん暑い
5月のプラハ、こんなに暑いなんて。。。
どこも異常気象なのか

歩き回って他と比べる気力なく、ここで2万円両替しました。
 2万円→3920kč (1kč=5.1円)


お金を確認して仕舞い、観光へGo


小広場
IMG_3684a.jpg
テラス席がひしめきあっています。

スグラフィットが美しいDům U Minuty
DSCF3042a.jpg

天文時計は工事中。残念
IMG_3692a.jpg

旧市街広場
IMG_3694a.jpg

凄い人です。9年前はこんなに人がいなかった。
何もイベントのない時期だったからかもしれないけど。

屋台が出ていて、裏にある木陰のベンチで座って食べれます。
IMG_3696a.jpg
湿度は低いので、木陰に入ると気持ち良い。

ミクラーシュ教会
DSCF3045a.jpg

中は明るく煌びやか。
IMG_3702a.jpg
教会内はひんやりとして気持ちがよい。

ヤン・フス像
IMG_3695a.jpg
馬がメインに写っていますが…

9年前、この像の前には多くの花が手向けられ、黒い服に身を包んだ人たちが集まっていました。
マイケルジャクソンへの追悼でした。
私たちはここでマイケルジャクソンの死を知り、とても驚いたことを覚えています。

ティーン教会
DSCF3109a.jpg


さてさて、懐かしさいっぱいで気が急いてしまいますが、ランチへ
お腹が空いたわけではないけど出たら食べてしまう機内食と寝不足で、ちょっと胃が不調のためベジレストランの『MAITREA』へ。

旧市街広場の1本東側、Týnská ulička通りにあります。
脇道に入るとぐっと人が減ってとても静か。
IMG_3708a.jpg

入口
IMG_3723a.jpg

TripAdvisorで高評価のお店だけど、どうだろう?とドアを開けたら大賑わい。
アジアンテイストで活気があり、地下のソファー席に通していただきました。
DSCF3047a.jpg

ランチはDaily menuのみ。
IMG_3714a_201807141347582bf.jpg
これは何だ?とメニューを読解する必要もなく、ラクチンオーダー
 スープとメインとお水で145kč (およそ730円)

スープ
IMG_3717a.jpg
レンズ豆とチャイブのスープ。

メイン
IMG_3719a.jpg
トルティーヤにホウレン草とリコッタチーズがくるまれている。
添えられていたペーストが美味しくて、eggplantって何だろうと思っていたら、茄子なんですね!
トルティーヤに塗って食べてもお米と一緒に食べても美味。
サラダも付いてボリューム満点

お会計はレジで。
店員さんはテキパキしていて、忙しいのにとても感じが良かったです。
入口にランチメニューが貼ってありますし、HPには1週間分のランチが載っています。
お肉なしでも大満足のランチでした。





さて満腹。13時半からのツアーに参加すべく、市民会館に向かいます


プラハ旅行 Pension Pohádka

IMG_3666a.jpg

Pension Pohádkaのご紹介。
HP、Booking.com

5室しかないこじんまりとしたペンションで、Cafe併設です。
IMG_4281a.jpg
朝食は、ここのカフェでいただきます。
朝食時間にカフェも開くので、出勤前の方たちが飲み物やサンドイッチを買っていったり、席が空いていれば一般のお客さんも朝食を食べたり。
明るく可愛らしいカフェです。


何体もマリオネットが飾られていました。さすがチェコ。
IMG_3669a.jpg

IMG_4427aaa.jpg


立地は抜群です
メトロA線Malostranská駅から徒歩すぐ。
どのくらい近いかって、駅のホームからエレベーターを上がり、北側の出口からもう建物が見える。
スーツケースもラックラク
トラム停もすぐそこ。2,12,15,18,20,22,23番が通っています。
どこに行くにも便利です。
プラハ城へも裏の旧登場道で徒歩10分程。


レセプションは24時間体制。
メールの返信もすごく早いです。
予約からかなり間があいたため、確認メールをしようかと思ったのですが、日付変更の時にがっつり連絡を取りあったので、予約が取れてないってことはないだろうし…と思い、10時頃到着予定で荷物を預かってくださいとメールを出しました。
すると、前のお客さんが早く出発して部屋の用意ができていたら、お通ししますと返信が。
ありがたい。

予定通り10時頃到着すると、部屋の準備ができているのでどうぞ、と。
追加料金なしで
荷物を預かってもらってすぐに観光に出かけるのと、部屋でちょっと休めるのとでは大違い。
とってもありがたかったです


宿泊費の支払いはチェックイン時かアウト時か選べ、カード払いOKです。
私たちは先に支払いましたが、冷蔵庫の飲み物を飲むなら後払いの方がまとめて払えるのでよいのでは、と思います。

部屋タイプはGovernor(一番安い部屋です)
 1泊1室 1890kč × 5泊 = 9450kč

ペンション内は階段のみなので、ここは頑張ってスーツケースを運びます。
お部屋は2階。鍵は古風で、2周回すタイプ。

一番安い部屋とはいえ、私たちがこれまで泊まってきたお宿の中では広く、収納いっぱい。
↓忘備録としてExcelで作ったので、比率は合っていませんが、こんな感じでした。(作るの楽しかった
間取り図

落ち着いたカラーリングで柔らかい光が入る、居心地の良いお部屋でした。
IMG_3670a.jpg

IMG_3672a.jpg

写真からベッドが小さいかな?とちょっと心配でしたが、お互いを邪魔だと感じることもなく、180cmある旦那さんの足もはみ出ず、問題なかったです。
無料Wi-Fiの接続も問題なし。
テレビはチャンネル数が多く、私たちは主にアニメやニュースを見ていました。
クルテクがフルCGで放送されていて、持っている絵本の雰囲気と違ってちょっとびっくり。
大きな冷蔵庫もあるし、グラスやフォーク・スプーンもあり。

バスルームはこんな感じ。
IMG_3671a.jpg

ドライヤーは始め弱風で、あ~これは乾かすのに時間かかるなと思ったのですが、徐々に強風に。
風力充分。でも冷風はなし。
お風呂はシャワーのみですが、湯量抜群で排水も問題なし。なにせお湯が出るのが早い!
うちのシャワーより早い。
スリッパはあるにはありますが、簡易スリッパの使いまわしなので結構ボロボロ。
お風呂上りに素足で履くには抵抗があり、ターキッシュのアメニティのスリッパを室内履きにしていました。

セイフティーボックスはなかったです。
部屋にセイフティーボックスがない場合、いままでは有料のセイフティーボックスを使用するか、面倒くさがる旦那を説得してレセプションに預けてました。
私は心配性なのです
ところが、セイフティーボックスがないな、どうしようかなと思った瞬間、ふと「ここは大丈夫。安全だ。」と感じまして、なので貴重品はスーツケースに入れてました。
もちろん鍵はかけてましたけど。
環境の良さ(隣はベルギー大使館)、ペンション・スタッフの雰囲気、中庭の美しさ 諸々の所以でしょうか。

その中庭を望む窓がこちら。
DSCF3487a.jpg

窓を開けると中庭が一望できます。
DSCF3170a.jpg
この中庭を囲んでぐるりとある建物には、一般のご家庭が住んでいるようでした。
窓や扉が開けっ放しで開放感があり、のんびりとしたチェコの日常を感じることができました。
左側がベルギー大使館だと思うのですが、日本にはないこういう中庭のある建物って、中はどうなってるんですかね?
建物はくっついてるけど、中が繋がってるわけではないですよね?
興味津々

夜景がこちら。
DSCF3296a.jpg
中央の輝いている建物は、Richterova vilaというレストラン。
夜な夜な賑やかな声が聞こえてきてました。人気店なのかも。
その下の斜めに明るいところが旧登場道。

ベルギー大使館側から見たペンション。
DSCF3484a.jpg

次回からようやく街歩きのお話




 | HOME |  古い記事へ »

文字サイズの変更

プロフィール

眼鏡ノッポとデカ目チビ

Author:眼鏡ノッポとデカ目チビ
凸凹夫婦が日々の好きなこと、興味深いことなどをつづっていこうと思います。
ごはん・甘味・映画などはノッポ(夫)、旅行・洋裁などはチビ(嫁)が書いています。
拙い文章ですが、宜しくお願いします。
【使用カメラ】
CANON S95(夫)
RICOH CX4(嫁)
FUJIFILM X20(嫁)

最新記事

カテゴリ

旅行 (111)
チェコ 2018.5 (8)
イタリア 2016.10 (31)
スペイン 2014.1 (25)
ドイツ 2012.5 (27)
台湾 2011.6 (6)
マカオ 2010.9 (4)
オーストリア・チェコ 2009.6 (10)
国内旅行 (6)
群馬 2015.12 (2)
香川旅行 2018.1 (4)
ごはん (227)
池袋・目白 (97)
新宿・代々木・大久保 (33)
原宿・表参道 (7)
渋谷 (6)
有楽町・日比谷 (1)
吉祥寺 (8)
恵比寿 (2)
代官山・中目黒 (9)
上野・御徒町・秋葉原 (8)
神楽坂・飯田橋 (4)
六本木・麻布十番 (3)
銀座 (6)
板橋区 (5)
チェーン店 (10)
その他 (27)
甘味 (32)
カメラ (9)
本 (6)
洋裁 (10)
日記 (57)
映画 (5)
服 (15)
雑貨 (13)
WonderFrog (5)
未分類 (0)

本棚

最新コメント

かうんたー

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2Ad

Template by たけやん