FC2ブログ

凸凹コンビの日々のこと

旅行、美味しい物、本、カメラ、洋裁 等

プラハ旅行4日目 ペトシーン

「Havelská Koruna」でランチの後、ペトシーンの丘へ向かいました。
ペトシーンって由来はラテン語で岩だそう。プラハの建築はだいたいここの岩を使ってるんですって
取り合えず地元民も観光客もみんな大好きペトシーンの丘へは行かなければ
なんせプラハの美しい街並みを少し離れた高台から眺められるのですから
トラムでペトシーンの丘へ登るケーブルカー乗り場近くの停留所、Újezdへ。

さすが日曜日のペトシーンの丘。
ケーブルカー乗り場は行列でした。
IMG_4336-1.jpg
私たちは3日券を持っているのでケーブルカーのチケットは不要。
ケーブルカーのチケットを買う場合は、上の写真の建物を入って左手に券売機があります。

結構な行列でしたが、大容量のケーブルカーなので2台目で乗れました。
IMG_4342-2.jpg

ケーブルカーを降りると緑の多い公園です。
IMG_4343-3.jpg

教会もありましたが、工事中でした。
IMG_4344-4.jpg

ペトシーンタワー
IMG_4345-5.jpg
この塔も東京タワーと同じくエッフェル塔を模しているらしく、大きさは1/5と可愛らしいサイズ

チケットは、150Kč/人
グルグルグルグルグルグルグルグル、階段を上ります。
IMG_4353-6.jpg
大きい網目でちょっと怖かったです。

展望台に到着しました。全299段、意外と旅行で疲弊している身体には堪える高さ
スカスカ故に風が通るのが救いです
IMG_4356-7.jpg
今までスカスカの網目だったのに、ここはしっかりガラスがあり、写真が撮りずらい…
そして人が多いです。
写真をゆっくり撮りたければ、スカスカで怖いけど、グルグル階段で撮った方がいいかもしれません。
眺めるのも邪魔にならない程度に途中の方がおススメです
オレンジ色の屋根や百塔の街と言われる所以をガラスを隔てず写真と網膜に焼き付けられ、人の熱気もないですし

とはいえ写真は撮りました。
カレル橋と国民劇場、その奥にテレビ塔
DSCF3263-8.jpg

国民劇場のアップ
DSCF3266-9.jpg

プラハ城とぐぐっと曲がるヴルタヴァ川
DSCF3270-10.jpg

ペンションが見えた
DSCF3272-11.jpg
青い矢印のところです。
なぜでしょうね、自分が泊まっている建物を見付けられると、嬉しい

マラー・ストラナ
DSCF3271-12.jpg
城下町ってとこかな?

ストラホフ修道院
DSCF3274-13.jpg
このあとストラホフ修道院までお散歩します。
黄色い丸のところからの眺めもお勧めです。

飢えの壁がちらっと
DSCF3278-14.jpg
The Hunger Wall…いわくつきの壁っぽいのですが、、神聖ローマ皇帝でボヘミア王でもあったカレル4世が、働き場所が無くて飢えていた人々に必要のない壁の建設の仕事を与えたって逸話の良き壁みたい
流石、100チェココルナの肖像カレル4世

旧市街の反対側
DSCF3261-15.jpg
こちらは側は近代的な街並みです。

満足して階段を下りました。
途中ベンチがあるので、休憩できます。
DSCF3279-16.jpg

この後は森林浴しながらストラホフ修道院へ



スポンサーサイト

プラハ旅行4日目 ヴァーツラフ広場周辺散策、「Havelska Koruna」でランチ

プラハ本駅見学後、美しいらしい中央郵便局へ向かうことに

プラハ本駅から数分、ピンクのド派手な建物がありました。
DSCF3256_11.jpg
地図で確認すると、ジュビリーシナゴーグ(Jeruzalémská synagoga)でした。
そんなに大きくもない道沿いにこんな立派なシナゴーグがあるとは。
前の道が狭くて距離をとれず、写真に全貌が収まりきれませんでした。


中央郵便局の手前にムハ(ミュシャ)美術館があるので、ミュージアムショップに入ってみました。
前回のイタリア旅行で購入した眼鏡拭きが活躍しているので、海外旅行の度に眼鏡拭きを買って集めてみようと思ったのですが、眼鏡拭きは置いておらず。
ムハの眼鏡拭きだなんて素敵だな~と思っていたのですが、残念


中央郵便局に到着。
IMG_4313_12.jpg
今このブログを書くにあたり気付いたのですが、日曜日なのによく開いてたな…
広々としていて柔らかい日差しが入り、壁面の装飾が可愛らしい。
日本の混雑していてまったりとした重苦しいような雰囲気と対照的。
平日は混んでいるんだろうか?


ヴァーツラフ広場に来ました。
IMG_4314_13.jpg
一昨日はステージが設置され、屋台も出ていましたが、今日は通常モード。


ヴァーツラフ広場からすぐのルツェルナ館へ。
IMG_4315-1.jpg
ルツェルナ館とル・ノヴァック館は大規模なパサージュで、内部で繋がっています。

お目当てはこれ。「逆さ馬にまたがる聖ヴァーツラフ像」
IMG_4320-2.jpg
おもしろ~い
彫刻家のダヴィッド チェルニー(David Černý)作。
ぶら下がる男もこの方の作品です。


近くにあるプラハで人気のケーキ屋さん「Ovocný Světozor」へ。(HP→
IMG_4325-3.jpg
チェーン店でプラハ市内に結構あります。
写真左の窓口でアイスクリームを購入。
IMG_4323-4.jpg
左:ピスタチオ、右:レモン 25Kč
サッパリとしていてとても美味しかったです
店内にはケーキやオープンサンドもあります。


フランティシュカーンスカー庭園という小さい美しい庭を通り、雪の聖母教会(Kostel Panny Marie Sněžné)へ。
IMG_4330-7.jpg
雪の聖母教会、素敵な名前です。
Noc kostelů(教会の夜間開放)で何か劇をやるようだったので、興味津々だった教会の一つです。
体力が持たずNoc kostelůには来れませんでしたが、見られてよかったです。


この後はヴァーツラフ広場に面したガラス張りの大きな靴屋「Bata」へ行きました。
最上階にはアウトレットがあります。


本日のランチは、ハヴェルスカー市場近くにあるセルフサービスのチェコ料理店「Havelská Koruna」へ。
人気店で、観光客だけでなく地元民も多くいるようでした。
(HP→

トレーを持って窓口へ。
私は予めHPのメニューを見て、Svíčková na smetaněを注文しようと決めていたのですが、前に並んでいた旦那さんはノープランだったらしく、壁にかかったチェコ語のメニューを見て「え~っと…」と悩む。
すると店員さんが次々と質問し、それに旦那さんが適当に答え、出てきた料理はなんと私が注文しようと思っていた Svíčková na smetaně

えーーーー私が注文しようと思っていたのに!!!

さあ、私の番です。もう頭真っ白です。
「え~~~、え~~~っとぉ~~~」ともうしどろもどろ。
するとまた店員さんがてきぱきと質問してくれ、よくわからないがとにかく答え、出てきた料理がこちら。
IMG_4333-9.jpg
Moravský vrabec(モラビア風ロースとポーク) 85Kč、 Spenat(ホウレン草ペースト) 25Kč
Bramborový knedlík(ジャガイモのクネドリーキ) 5Kč/1枚×5、 水 500ml 25Kč

旦那さんの(私が注文しようとしていた)料理はこちら。
IMG_4332-8.jpg
Svíčková na smetaně(チェコの伝統的な料理) 105Kč、 Hrachová Polévka(豆のスープ) 19Kč
Houskový knedlík(パンのクネドリーキ) 6Kč/1枚×4、 ビール 500ml 40Kč

席について、文句言いましたよ。旦那さんに。
「私、スメタナ頼むって言ってたでしょ」
「しょうがないでしょ、適当に答えたらこれが出てきたんだから」
確かに、わざとじゃない。仕方ない。

私の料理、もの凄くニンニクと塩が効いていて、味が濃かった。
ビールを飲んでいる旦那さんには丁度いいらしく、交換してもらいました。
全体的に味は濃いめ。
注文の仕方が難易度が高く、カフェルーブルとかの方がゆっくりできて私たちには向いているかな~と思いました。
すぐ料理が出てくるから、さっと済ませたい時にはいいと思います。


この後はペトシーンの丘へ




2018年の川越まつり ちょっと


ずいぶんと大雑把に川越まつりを観てきた
小旅行と意気込んで来たのだけれども夕方には用事があり2時間程の所要時間
まあ川越近くでの用事なのでついでのことだが
川越駅を出てアトレを素通りし商店街へ
両脇にずらっと並んだ屋台、この屋台群が果ての方まで続いてます
知っているものでは今までで一番大きい規模かな
歩けど歩けど山車は観えず。取り合えずは無理なので山車が観たい!

そうこうしているうちに車庫発見
IMG_5527aa.jpg
新富町1丁目の山車は家光さんか~
地域ごとに色んな種類があるんだけど、どうやって決まったものなんだろ?住民議決?

そして山車発見
立派~
IMG_5513aa.jpg
川越の山車は回ったり伸びたりとギミック満載なんだそう
こんな豪華でデカいものが可変するとは!
動かないのかな~と思って眺めているところで時間制限いっぱい
川越駅まで引き返し

どうやら本川越駅
がメイン会場に近かったよう
IMG_5520aa.jpg
まあ、屋台が並ぶ通りを歩けて祭り気分は十分味わえたかな
小江戸感のある建物も少しは観られたし
IMG_5521aa.jpg
来年は市役所前に山車が勢ぞろいするというのを観てみようかしら
夜も良いと聞くし、季節が良いので一日中川越満喫というのもいいものかな~
次回は川越まつりをメインとして出かけるか

プラハ旅行4日目 プラハ本駅

綺麗な鳥の声で目覚めました
謎のカカカカカッは聞こえず。ちょっと残念。

このペンションは、前日に朝食の希望を聞いてくれます。
昨日の基本の朝食は量が多かったため少なくしていただき、卵はスクランブルエッグにしていただきました。
IMG_4287_1.jpg

IMG_4282_2.jpg IMG_4288_3.jpg IMG_4283_4.jpg
ふわっふわのカプチーノにはシナモンが。
この日の朝食も美味しかったです


この日の予定は、プラハ本駅→ヴァーツラフ広場周辺→ペトシーンの丘。

15番トラムに乗ってHlavní nádražíへ。
プラハ本駅前の公園の北端に到着します。
人の流れに沿って南に進み、近代的な駅舎に到着。
IMG_4296_5.jpg

プラハ本駅には、地下鉄C線と国鉄が通っています。
近代的な駅舎の屋上はロータリーや駐車場になっていて、道路を挟んでガイドブックに載っているアールヌーボー様式の丸天井の駅舎があります。
近代的な駅舎の屋上=国鉄のホームという立体構造になっています。
言葉での説明は難しいのでGoogle Mapさんの画像を拝借
プラハ本駅
Google Mapの3D、便利ですね
オレンジ屋根の駅舎の真ん中(ポインタの所)が丸天井です。
15番のトラム停Hlavní nádražíは、左下の方です。

近代的な駅舎の中を通り、丸天井にやってきました。
DSCF3252_6.jpg
一角がカフェになっています。

アールヌーボーの優美な装飾が美しい。
DSCF3253_7.jpg
扉の向こうは国鉄のホームです。

繊細なステンドグラス。
DSCF3255_8.jpg

外に出て、近代的な駅舎の屋上の駐車場から見るとこんな感じ。
IMG_4306_9.jpg

再び近代的な方の駅舎に戻ってきました。
大きな本屋さんやショップが沢山あります。
その中にポツンとピアノが
IMG_4304_10.jpg
右手にギブスをした青年が弾いていました
このピアノは誰でも自由に弾いていいそうです。
なぜここにピアノがあるのでしょう?音楽の街だから??

この後は、ヴァーツラフ広場方面に向かって街歩き



日暮里でお昼ご飯 中国手打拉麺 馬賊

IMG_5444aa.jpg
うちの奥さんが洋裁の生地を買いによく来る日暮里の駅前に行列が出来ていて旨そうな中華料理屋さんがあると言うので買い物について行きがてら食しに行ってみた。
どうやら、とても有名なお店みたいでテレビや雑誌などで良く紹介されてるのだそうな
それにしてもなかなかに勇ましい店名

店内は荒々しい店名にふさわしくダーン!ダーン!と麺を叩きつける音が響き渡り活気がある
行列や相席は必須で、もちろんこの日も並んで入って知らない人と一緒の席です

手打ち餃子 500円
IMG_5445aa.jpg
手打ち?
店名に使われる中華手打拉麺の肩書きは餃子にまで適用されるよう
もっちりむっちりの皮は厚みがあり焼き目はカリっと香ばしい
餃子は完全食だと改めて思い起こさせる野菜と肉と炭水化物のバランス
これだけ食べて生活していけそう

五目焼きそば 1200円
IMG_5447aa.jpg
焼きそばとしては高級な部類に入るお値段だが、もちろんこちらの麺も手打ち
塩焼きそばの形体でなかなかの具沢山、確認できるだけでもイカ・海老・豚肉・きくらげ・キャベツ・ニラ・人参・玉葱・タケノコ・椎茸
手打ち面もツルツルモチモチ、不揃いだが焼きそばでもなんの違和感も無し、というか美味い

担々麵 900円
IMG_5450aa.jpg
表面を覆う黒胡麻の下は清湯っぽいあっさりしたスープ
最近流行りの痺れや辛さを強調したものではなくゴマの風味がする程度。優しさがあります。
私の担々麵のイメージとは違うものだが美味しい。今までの担々麵よりも好きかもしれない


馬賊 日暮里店
03-3805-2430
東京都荒川区西日暮里2-18-2
【平日・土】 11:00~23:30
【日・祝】 11:00~22:30
無休

 | HOME |  古い記事へ »

文字サイズの変更

プロフィール

眼鏡ノッポとデカ目チビ

Author:眼鏡ノッポとデカ目チビ
凸凹夫婦が日々の好きなこと、興味深いことなどをつづっていこうと思います。
ごはん・甘味・映画などはノッポ(夫)、旅行・洋裁などはチビ(嫁)が書いています。
拙い文章ですが、宜しくお願いします。
【使用カメラ】
CANON S95(夫)
RICOH CX4(嫁)
FUJIFILM X20(嫁)

最新記事

カテゴリ

旅行 (126)
チェコ 2018.5 (23)
イタリア 2016.10 (31)
スペイン 2014.1 (25)
ドイツ 2012.5 (27)
台湾 2011.6 (6)
マカオ 2010.9 (4)
オーストリア・チェコ 2009.6 (10)
国内旅行 (8)
群馬 2015.12 (2)
香川旅行 2018.1 (6)
ごはん (241)
池袋・目白 (104)
新宿・代々木・大久保 (33)
原宿・表参道 (7)
渋谷 (7)
有楽町・日比谷 (1)
吉祥寺 (8)
恵比寿 (2)
代官山・中目黒 (9)
上野・御徒町・秋葉原 (8)
日暮里 (1)
神楽坂・飯田橋 (5)
六本木・麻布十番 (3)
銀座 (6)
板橋区 (5)
チェーン店 (13)
その他 (28)
甘味・スイーツ (36)
喫茶店・カフェ・休憩所 (2)
カメラ・写真 (9)
本 (6)
洋裁 (10)
日記 (61)
映画 (5)
ファッション (15)
雑貨 (14)
WonderFrog (5)
美術・芸術鑑賞 (1)
未分類 (0)
川越まつり2018 (1)

本棚

最新コメント

かうんたー

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2Ad

Template by たけやん