ローマ旅行7日目④ サン・ピエトロ大聖堂のクーポラ

バチカン市国の続きです。
バチカン博物館を2.5周し、システィーナ礼拝堂からサン・ピエトロ大聖堂へ。

バチカン市国とサン・ピエトロ大聖堂の狭間はこうなっています。
DSCF2458a.jpg

大聖堂にも行けますが、先にクーポラに上ることにしました。
鉄扉の手前でチケットを購入します。
IMG_1824a.jpg
551段の階段を登る場合は6,00ユーロ
途中までエレベーター+320段の階段を上る場合は8,00ユーロ
旅も終盤、疲れが溜まってきていたのでエレベーターを選択。

エレベーターでグーンと上がると、そこはクーポラ下のテラス。
至近距離でクーポラ外観を見られます。
IMG_1825a.jpg

資材が置いてあったりして、舞台裏の様。
IMG_1826a.jpg

クーポラの内側は壮麗なフレスコ画
DSCF2462a.jpg

ぐるりと巡らされた通路は半分ほど閉鎖されていますが、クーポラを堪能できます。
IMG_1839a.jpg

通路の壁にはモザイク画。まったり顔の少年がいました
IMG_1829a.jpg

クーポラから見下ろすベルニーニ作の『聖ペテロの椅子』
IMG_1844a.jpg
神々しい

さて、ここから320段の階段で頂上を目指します。
クーポラのドーム状になった屋根の傾斜に沿って壁が迫ってきて、三半規管がちょっと狂う
IMG_1847a.jpg DSCF2466a.jpg
頂上付近になると傾斜がきつく狭くなり、手すりの代わりにロープが垂れています。
健康で体力があるうちじゃないと大変

頂上のテラスに到着。天気も良く爽快です。
IMG_1851a.jpg

クーポラの天辺。十字架は見えませんでした。
IMG_1852a.jpg

景色はとっても素晴らしかったです。上った甲斐がありました
IMG_1849a.jpg

バチカン市国内は緑がいっぱいで公園の様。
DSCF2469a.jpg

バチカン博物館。大きい。そりゃ疲れるわ
DSCF2470a.jpg

サン・ピエトロ広場を一望。サンタンジェロ城もよく見えます。
IMG_1856a.jpg
小さいですが、右上の白い建物がヴィットリオ・エマヌエーレ2世記念堂。

アップ。ヴィットリオ・エマヌエーレ2世記念堂がいかに大きいかがよくわかります。
DSCF2472a.jpg
全体的に白茶けてて分かりずらいですが、中央にコロッセオがあります。
ということは、その右横の緑がパラティーノの丘でしょうか。
方角的にナボーナ広場やパンテオンなんかもあるはず…見えませんね

満足して下りました。
DSCF2475a.jpg IMG_1865a.jpg
下りの階段も個性的。

再びクーポラ下のテラスに到着。
IMG_1870a.jpg
ここにはお土産屋さんもあります。

大聖堂ファサードの上部にいる11使徒の像を裏から見られます。
IMG_1871a.jpg

帰りもエレベーターでピューンと下へ。
エレベーターを降りると、そこは大聖堂内でした。

次回はサン・ピエトロ大聖堂

スポンサーサイト

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

ローマ旅行7日目③ ヴァティカン博物館のあれやこれや

バチカン博物館内で私の心にグッと来たものをご紹介

左:慄き顔 右:豊穣の女神アルテミス
DSCF2423a.jpg DSCF2434a.jpg

左:冥界の神アヌビス 右:口に扇風機をあてられてるのか?
DSCF2431a.jpg DSCF2435a.jpg

左:フォルムが可愛い 右:使徒っぽい
DSCF2448a.jpg DSCF2449a.jpg

左:こちらもフォルムが可愛い 右:なんだか斬新
DSCF2450a.jpg DSCF2451a.jpg


バチカン博物館で食したもの

1周目途中の休憩にて。
カプチーノ、ラテマキアート、クロワッサンを半分づつ。
DSCF2452a.jpg
レシートがなくて金額は不明。
お安かったと記憶しています。

1周後のランチにて。
旦那さん:ポルケッタ、チョコケーキ、水 9,50ユーロ
IMG_1817a.jpg
デカい肉の塊を削いでパンに挟んでくれます

嫁:サラダ、パン、ブルーベリーケーキ、水 9,50ユーロ
IMG_1818a.jpg
ドレッシングは付いてなくて、カウンターにあるオリーブオイルと塩をかけて食べました。
バルサミコの瓶も置いてあったのですが、空だった…
ドレッシングの種類が豊富な日本。
普段色んな味を楽しんでいる私としては、味気なかった

所々にカフェやレストランがあり、休憩しやすいと思います。
気候が良ければ庭園での休憩も気持ちよさそう。


自分へのお土産

システィーナ礼拝堂の『アダムの創造』の一部分の眼鏡ふき。
DSCF2457a.jpg
お土産というか、すぐに活躍しました。
カメラのレンズに蓋をし忘れてレンズに触ってしまったんです(ちょいちょいやってしまう)
カメラケースに常駐となりました。

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

ローマ旅行7日目② ヴァティカン博物館

前回のローマ旅行記から随分間が開いてしまいましたが、今回はバチカン博物館です。
プリントアウトして持って行ったバウチャーを窓口に提出し、チケットをもらいます。
このチケットを自動改札の様にセンサーにかざして入館します。

入ってすぐにある螺旋階段。
IMG_1745a.jpg
美しい
この階段を下りてしまうと出口なので、上からの撮影のみ。

さすがバチカン博物館。人が多い
DSCF2422a.jpg
ひろ~い博物館をどう攻略するか、地図を見ながらまずは相談。
同じように地図とにらめっこしている人が大勢いました

『ピオ・クレメンティーノ美術館』
円形の間の天井
DSCF2424a.jpg

円形の間
IMG_1758a.jpg

八角形の中庭にあるラオコーン
IMG_1754a.jpg
女神アテナへの供え物である木馬にラオコーンが槍で一撃。
怒ったアテナが蛇でラオコーンとその息子達を殺した。というエピソードが題材。
なんで女神への供物に攻撃したんでしょうかね?

ギリシア十字の間の床のモザイク画
IMG_1761a.jpg
円を支えている青い人(悪魔っぽくも見える)のポーズが素敵。

『大燭台のギャラリー』
IMG_1771a.jpg

『タペストリーのギャラリー』
DSCF2436a.jpg

色褪せた絵画に見えるほど緻密に織られたタペストリーです。
IMG_1773a.jpg

『地図のギャラリー』
DSCF2438a.jpg

地図も面白いですが、煌びやかな天井が凄い!
DSCF2437a.jpg

『インマコラータの間』
DSCF2442a.jpg
インマコラータとは?と思ってググってみたら、「無原罪」という意味だそうな。
聖母マリアの処女懐胎をモチーフとしているそうです。

『ラファエッロの間』
コンスタンティヌスの間 : 左壁がミルヴィオ橋の戦い、右壁がコンスタンティヌス帝の洗礼
IMG_1783a.jpg

ヘリオドロスの間 : 法王レオとアッティラの王の対面
IMG_1786a.jpg

署名の間 : アテネの学童
IMG_1788a.jpg
ラファエロの作品の中でも、特に有名な作品ですね。

同じく署名の間 : 聖体の論議
IMG_1787a.jpg

火災の間 : カール大帝の戴冠式
IMG_1790a.jpg

この後『システィーナ礼拝堂』を鑑賞。
撮影不可の為、写真はありません。
ミケランジェロの天井画は圧巻です。
ギュウギュウですが、壁際の椅子に座るとゆっくり鑑賞できます。

システィーナ礼拝堂を出て絵画館への途中、どこだったか定かではありませんが…
まーっすぐ奥まで続いているのがわかるでしょうか?
IMG_1803a.jpg
展示物だけでなく建物も素晴らしいので、散歩として楽しめます。

これもどこにあったのか忘れてしまったけれど、美しいステンドグラスでした。
DSCF2455a.jpg

『ピナコテーカ』
左:フォリーニョの聖母 中:キリストの変容 右:聖母戴冠
IMG_1810a.jpg

ざっと載せてみました。
本当にもう「ざっと」です。
広くて多くてとてもじゃないけど詳細には…無理です
こういうのが好きな人は、1日では足りないんじゃないかと。

私たちは2.5周しました。
1周し終えてバチカン図書館の回廊を見逃したことに気付き、お昼休憩を挟んで2周目へ。
2周したものの結局バチカン図書館の回廊は閉鎖されていて見れず
そして3周目、3回目のシスティーナ礼拝堂を鑑賞して大聖堂へ向かう出口からクーポラへ。

一方通行のところを逆走すると注意されますが、何周しても問題なさそうなので、
体力があれば何周かしてみるのも面白いかと

次回はバチカンのお気に入りや休憩について。

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

ローマ旅行7日目① ヴァティカン前にサンタンジェロ城

昨晩オルヴィエートから戻り、今日はバチカンへ。
バチカン美術館はインターネットから予約して行きました。
アーモイタリアさんに予約方法が解りやすく載っています。
1週間前に予約しましたが、その時点では全時間選択可能でした。
10:30に予約したので、9時頃ホテルを出発し、地下鉄でオッタヴィアーノ駅へ。
バチカン最寄駅だけあって人が多かったです。
まずはサンタンジェロ城へ。

サンタンジェロ城横にあったモニュメント(?)
IMG_1721a_20170409092330bd4.jpg
MISERICORDEとは、瀕死の兵士にとどめを刺す慈悲の一撃だそうな。

サンタンジェロ城から見るサン・ピエトロ大聖堂。
IMG_1723a.jpg

サンタンジェロ橋から見るサンタンジェロ城。
IMG_1727a.jpg

対岸から見るサンタンジェロ城。
DSCF2412a.jpg

エマヌエーレ2世橋越しに見えるサン・ピエトロ大聖堂のクーポラ。
DSCF2415a.jpg

アップ。クーポラの上に小さな十字架があって可愛い。
IMG_1734a.jpg

エマヌエーレ2世橋から見るサンタンジェロ城。
IMG_1735a.jpg

サンタンジェロ城とバチカンを結ぶコンチリアツィオーネ通り。
IMG_1719a.jpg

サン・ピエトロ大聖堂。
DSCF2417a.jpg
人が多い!
さすがバチカン市国
入りたい気持ちをぐっと抑えて、バチカン博物館へ向かいます。

バチカンの塀沿いに右回りに進みます。
IMG_1740a.jpg IMG_1741a.jpg
結構並んでいました。
予約手数料4,00ユーロ/人かかりますが、予約していって良かったと思います。
スイスイ入れました。
正規の案内係なのか怪しい人もたくさん立っていて、ツアーを勧めてきます。
そのツアーでなら並ばずに入れるらしい。
チケット持っているからって言うと、親切にあっちだよと順路を教えてくれます。
博物館の入口はバチカン市国の北側。サン・ピエトロ広場から歩いて10分くらい。

次回はバチカン博物館内


テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

ローマ旅行6日目⑤ ローマへ

DSCF2364a.jpg

可愛い猫のいる、現実離れした岩山の町。
いつまでこの姿を留めていられるのだろうかと、
後ろ髪ひかれながらオルヴィエートへと戻りました。

バスは定刻通り17:25に出発し、オルヴィエートに18:15頃到着。
以前書きましたが、置き忘れたピアスを探しにホテルへ行きました。

旦那さんにピアスを忘れたと言いずらく、諦めようかな…とも思ったのですが、
ローマ行の電車まで1時間以上間があったし、
予定では昨日チヴィタに行って今日ローマに戻るはずだったので、
フニコラーレの往復チケットを買っていてたし、
もう1度オルヴィエートに行っても良いかな~と思い、旦那さんに話すと、
「いいよ~」ということで、駅で降りずに崖を上り終点まで行きました。

ホテルに行くと「まだ部屋はそのままだから探してみて~」ということで、1人で部屋へ。
ピアスはすぐ見つかりました。
旦那さんはその間、ホテルの人と一服休憩してました。
あぁ、感じの良い人達でした。

ホテルの人に2度目の別れを告げ、夜のオルヴィエートを見納め、フニコラーレに乗って駅へ。
DSCF2299a.jpg

それでもまだ時間があったので、バスから見えたケーキ屋さんに行ってみました。
駅から歩いて5分強。
美味しそうなケーキが並んでいますが、
Barも兼ねているので店員さんはパリッとした初老の男性と青年。
お客さんもダンディーなおじさんばかり。
地元のおじさん達の社交場といった感じ。
片言イタリア語で指さし注文していたら、隣のダンディーがケーキ名を読み上げてくれました。

DSCF2403a.jpg
左:シュークリーム 右:Tartufo
共に1,00ユーロ安い

Tartufoは、名物のトリュフを模ったケーキで、
シュー生地の中にチョコレートクリーム、周りにはチョコスポンジのクラムがまぶされている。
シュークリームは、ショーケースに普通のと写真の様にデコられたのと2種類あり、
デコられた方を包んでくれました。

電車の中でいただきました。美味しかった

『Bar - Pasticceria Nando』


19:38発のローマ行の電車を寒風吹きすさぶホームで待つこと30分。
電車は遅れてやってきました。
その10分前に来るはずだったIC(インターシティ)はもっと遅れていたようで、
私たちが乗った普通電車の方が先に来ました。
ローマに早く帰れるならちょっと高くてもICに乗っちゃおうかな~とも思ったけど、
普通電車にして良かった。

ローマに何時に着いたのか…眠くてあまり覚えていない。
予定では21:26テルミニ駅着だけど、たぶんちょっと遅れていたと思います。
ホテルに着いたのは22:15。
旅行中の生活リズムでは、もう寝ている時間。
預かってもらっていたスーツケースを受け取り部屋へ。
昨日までとは違う部屋。
暖房が効いていて暖かい。
即就寝

翌日はヴァチカンです

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

プロフィール

眼鏡ノッポとデカ目チビ

Author:眼鏡ノッポとデカ目チビ
凸凹夫婦が日々の好きなこと、興味深いことなどをつづっていこうと思います。
ごはん・甘味・映画などはノッポ(夫)、旅行・洋裁などはチビ(嫁)が書いています。
拙い文章ですが、宜しくお願いします。
【使用カメラ】
CANON S95(夫)
RICOH CX4(嫁)
FUJIFILM X20(嫁)

最新記事
カテゴリ
本棚
最新コメント
かうんたー
ブロとも一覧

残り40年で世界を周る

ゼロから始める楽しい登山―初心者でも登山を10倍楽しむ方法を公開!!―

kunysの日々いろいろ

ホントのところ

美味しいものが食べたい!

LEVEL1 FX-BLOG

お前が好きだ!〜俺日記〜

晴れ時々、○○…。

モノホシブログ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR