『A DRESS BOOK』 タックパンツ

『A DRESS BOOK』のタックパンツを作りました。

タックパンツ全体
生地:ポリエステルツイル(新宿オカダヤ)

タックパンツアップ
あきが無く、前を折りたたんでボタンでとめるため、斜めのラインができます。
前にはタックがあり、後はダーツ。
本通りだと膝下丈ですが、くるぶし丈にしました。
裾を30cm(前14cm、後16cm)にし、膝と自然につなげました。
ももはゆったりですが、膝下がかなり細め。
てろっとした落ち感のある生地を選んだのは正解でしたが、
ストレッチ入りの生地にすればよかったです
個性的な形ですが、穿いてみるとシュッとしてて良い感じです

スポンサーサイト

MPL サンプラ ウエスト切り替えドレス

m123 ウエスト切り替えドレス 

作りました。
m123
生地:忘れてしまった…『FEMALE2012年夏号』の表紙の生地です。
m123生地
紺にカラフルインコがたくさん。
派手になってしまうかな…と思ったのですが、地が落ち着いた紺色なので大丈夫でした。

サンプラでもMPLのシルエットは綺麗です。
私は肩幅が広いので、フレンチスリーブの肩傾斜が合うか不安だったのですが、
生地がやわらかく落ち感のあるものを選んだので、問題なかったです。
透けるので、スカート部のみ裏地をつけました。

凄く気に入ったので、ニットでも作ってみました。
m123アレンジ m123アレンジ生地
生地:日暮里トマト(地織りで大きめのドット模様です)

上身頃のパターンの着丈を伸ばし、裾にリボンを通して絞れるようにしました。
生地の値段は忘れてしましましたが、安かったことは覚えています。
ですが、とっても肌触りが良く、夏でもサラッと着れました。

野望ですが…
去年の5月に発売された 『A DRESS BOOK』の表紙のブラウス(後身頃がリボンになっている)を
m123の身頃パターンを使って作ってみたい。
A DRESS BOOKのパターンのまま作ると、私の場合、正方形のシルエットになってしまいそう
今、頭の中で色々妄想してて、楽しいです

クリオネオーバーシャツ(自作パターン)

クリオネオーバーシャツ

IMG_3882圧縮 IMG_3881圧縮
IMG_3876圧縮 IMG_3879圧縮
パターン:自作
生地:pres-de(綿麻ダンガリーワッシャー)

皆さんが作っているのを見てかっこいいなと思い、
遅ればせながらslow&steadyさんでパターンを購入したのが去年の秋。

ちびっこ(152cm)の私には、フリーサイズでギャザーたっぷりを補正なしで着られるはずもなく、
皆さんの補正を参考に、前後身頃それぞれマイナス2cm(全体でマイナス8cm)で作ってみました。
が、…大きい
着丈も60cmに短くしたせいか、大きな正方形の布をかぶった感じ。
さらにどう補正したら良いのかかなり悩みました。

そこで、文化式婦人原型を使って、クリオネオーバーシャツをまねて作図してみました。
後身頃のギャザー5cm、身幅にゆとり1cm。前身頃のギャザー4cm。
元のクリオネオーバーシャツよりだいぶ細身になったのですが、
これだとギャザーが少なく、クリオネオーバーシャツとしての良さも減ったような…
あと、ちびっこなのに肩幅が広いせいか、バランスもいまいち

もう諦めようか…でも…とさらに悩み、
最後のあがきとして文化式成人女子原型で作図してみました。
成人女子原型は、後ろ見頃の肩ダーツ、前見頃の胸ダーツを襟ぐりに展開し、
身幅を変えずにギャザー量を増やせるのです。
そしてシルエット正方形対策として、着丈を67cmに。
袖も細くし、ギャザーたっぷりだけどスッキリしたシルエットを目指しました。
そして出来あがったのが上の画像。
小さく着画↓
IMG_3888圧縮
まだ補正したい所は何か所もありますが、
ひとまず自分にも着れるクリオネオーバーシャツが出来て良かったです
諦めなくて良かった。

Mパターン研究所『手の女』

楽しみにしていたMパターン研究所監修の『手の女(ひと)』
早速購入しました

付属のパターンは「シャツ」1型。
衿3型(シャツカラー・ラウンドカラー・スタンドカラー)
袖2型(長袖+カフス・半袖(5分袖?))
組み合わせにより6通り。

このパターンを使って7人の女性がそれぞれにシャツを作っています。
同じパターンでも、作る人によってずいぶん違うものだな~と。
それぞれ自分らしいシャツを作っていて素敵だな~と。
自分も作っりたい

と思ったら、身長の設定が一律160cm
身幅はサイズSでちょうど良さそう。
着丈も56.8cmならちょうどHLだし、サイズSで補正なしでいけるかな?
と思ったのですが、パターンに文化式の原型をあててみたら、
ダーツの1番太いところ(WL)が原型よりも下になってしまう
本の着用写真を見ても、皆さん着丈が短い。
きっとこれがこのシャツのかっこよさなんだなと思い、
Mパターン研究所にメールで補正の仕方を質問してみました。
すぐに回答をいただけました。

下記は、身長152cmの補正の仕方です。同じちびっこさんの参考になると良いのですが。
『前身頃のみダーツの先端(BP)を1.0cm上へ伸ばす。
 前・後ろ身頃のWL(ダーツ)、脇線を上へ1.7cm上げたいので、
 WLのダーツ位置より少し上で1.7cmたたむと着丈も短く出来ます。
 脇線はなだらかにつないで下さい。
 ダーツのWLへダーツの先端から直線でつないで下さい。』

白のリネンで作ってみたいです。
作り方もかなり丁寧に載っています。さすがです。
7人の女性のエッセイも読み応えがあります。
付属パターン1型とは言え、大満足です。



≪2013/3/3追記≫

池袋のジュンク堂で、根本きこさんのシャツが展示されていました。
P.45の白のカディのシャツでした。
前後ともダーツをなくし、脇のラインを緩やかなカーブにアレンジしているようでした。

星谷菜々さんのノーカラーアレンジシャツや、
中川ちえさん、伊藤まさこさんのシンプルな白リネンシャツも見てみたい。
どこに展示されてるのかな~

DANTON風ワークパンツ

DANTONワークパンツを目指して、自分で作図しました。
パンツの作図は初めてでしたが、まあまあ形になって良かったです。

RIMG1097.jpg RIMG1099.jpg
RIMG1098.jpg RIMG1102.jpg

型紙:自作
生地:ギャバジン(オカダヤ)

もう履きこんでるので膝出ちゃってますけど…
なかなか履きやすいパンツです。
初めて縫う糸とステッチの糸を変えてみたり、作る過程も楽しめました。

本物↓と比べると、ちょっと細いかな…
img59811420[1]
プロフィール

眼鏡ノッポとデカ目チビ

Author:眼鏡ノッポとデカ目チビ
凸凹夫婦が日々の好きなこと、興味深いことなどをつづっていこうと思います。
ごはん・甘味・映画などはノッポ(夫)、旅行・洋裁などはチビ(嫁)が書いています。
拙い文章ですが、宜しくお願いします。
【使用カメラ】
CANON S95(夫)
RICOH CX4(嫁)
FUJIFILM X20(嫁)

最新記事
カテゴリ
本棚
最新コメント
かうんたー
ブロとも一覧

残り40年で世界を周る

ゼロから始める楽しい登山―初心者でも登山を10倍楽しむ方法を公開!!―

kunysの日々いろいろ

ホントのところ

美味しいものが食べたい!

LEVEL1 FX-BLOG

お前が好きだ!〜俺日記〜

晴れ時々、○○…。

モノホシブログ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR