ローマ旅行6日目① 『Hotel Corso』とCOTRALバスチケット

オルヴィエートでお世話になった『Hotel Corso』のご紹介。
AMOITALIAで紹介されていたのでBooking.comで検索したところ、お手頃価格の63,33ユーロ/1泊
ということで即決。

場所はとってもわかりやすい、メインストリート(Corso Cavour通り)沿い。
フニコラーレから徒歩5分弱、ドゥオーモまでも5分程の好立地
IMG_1469aa.jpg

部屋は広くて可愛くて清潔です。
IMG_1571a.jpg
この写真を撮ってる背中側にシングルベッドがあり、夜寒かったのでそのベッドの毛布もかけて寝ました。

バスルームも明るく、お湯の出も問題なし。
DSCF2311a.jpg
トイレの右にある便座のないトイレ。これの使い方が分かりません。
その上にあるホース。これはドライヤーです。初めて見た形状でした。

夜明け前のバスルームからの眺め(左)と夜明け後のミニベランダからの眺め(右)。
DSCF2301a.jpg DSCF2312a.jpg

こちらはテラスです。テラスからドゥオーモも見えます。
DSCF2305a.jpg IMG_1568a.jpg

朝食ビュッフェ。
DSCF2306a.jpg

内容はいたって普通。素朴なお菓子が美味。カフェオレはご主人が淹れてくれます。
IMG_1582a.jpg DSCF2307a.jpg

このお宿の良いところは、人
ご主人と奥さん(?)の男女二人にお会いしましたが、どちらもとても感じ良い。
私、のんびりとしたオルヴィエートで気を抜き過ぎたようで、二度も忘れ物をしました
朝食にカメラを持って行ってテーブルに置き忘れて部屋に戻り、大慌てで探しに行った時も
部屋にピアスを忘れてチェックアウトし、その日の夕方ローマに戻る前に取りに行った時も
こんなお間抜けさんにもとっても親切なお二人でした

お世話になりついでにCOTRALバスチケットがどこで買えるのか聞いてみました。
下記の黄色い楕円辺りのタバッキで売っています。
はっきり場所を覚えていないのですが、ホテルからフニコラーレに向かって右側。
小さな商店で、小さなCOTRALの看板(貼り紙?)も出ていました。
Orvieto-Bagnoregio往復3,00ユーロ/人
Hotel Corso
がバス乗り場。
分かってみると、ホテルの近場に乗り場もチケット売り場もありました

は~~~これでチヴィタに行く準備完了。
バスの時間まで再びオルヴィエート散策です


スポンサーサイト

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

No title

はじめまして^^

数年前にイタリアのオルヴィエーと行きました。
古い中世の面影が今でも残っている
とても静かで、のんびりとした街ですね。
すごく気に入ってしまいました。
そこには泊まりませんでしたが
ブログ見て、またまた行って見たい気持ちになりました。

Re: No title

ごくさん

コメントありがとうございます。
オルヴィエート行かれたんですね。
そうですね。とてものんびりと過ごせました。
数年後、私たちも再訪したいです。
すこ~しずつ崩れていってるのが心配ですi-202
プロフィール

眼鏡ノッポとデカ目チビ

Author:眼鏡ノッポとデカ目チビ
凸凹夫婦が日々の好きなこと、興味深いことなどをつづっていこうと思います。
ごはん・甘味・映画などはノッポ(夫)、旅行・洋裁などはチビ(嫁)が書いています。
拙い文章ですが、宜しくお願いします。
【使用カメラ】
CANON S95(夫)
RICOH CX4(嫁)
FUJIFILM X20(嫁)

最新記事
カテゴリ
本棚
最新コメント
かうんたー
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR