ミュシャ展 スラブ叙事詩20点勢ぞろい

春、国立新美術館で開催中のミュシャ展へ
サクラは満開で良い季節です。久し振りに沸き起こった芸術への興味
似非インテリの血が騒ぎます。
DSCF2658a.jpg
日本とチェコの国交回復60周年を記念して2017年3月8日(水)から6月5日(月)までの開催
どうやら混んでるという話なので平日に行ってきました
近くの金券ショップでチケットを購入…人気のためか20円ほどしか安くなかった
毎回、前売り券を買い忘れ、気が付いたら開催されてるんだよな~



フランス語でミュシャ、チェコ語ではムハ
イメージはポスターや挿絵を描いているアニメに近い綺麗な絵を描く人
学生のころに企画展でもあったのか、関西の街中にポスターが貼ってあったな~って記憶
チェコの人、アールヌーボー、プラハ城の聖ヴィート大聖堂のステンドグラスの中に作品あった…くらい
IMG_2393a.jpg
今回の目玉はチェコ以外では初となる『スラブ叙事詩』というスラブ民族の歴史等を描いた20点の油絵の連作だそう
スラブ…?

チケット売り場は列無し、流石平日

入ったら直ぐスラブ叙事詩、圧巻の大きさです
IMG_2417a.jpg
館内はギュウギュウとまでいかない程度に混んでますが絵がデカいので観るのに支障は無し
一番奥のコーナーは写真撮影可

スラヴ菩提樹の下でおこなわれるオムラジナ会の誓い
IMG_2421a.jpg


ロシアの農奴制廃止
IMG_2409a.jpg


スラヴ民族の賛歌
DSCF2653a.jpg


聖アトス山
DSCF2649a.jpg


イヴァンチツェの兄弟団学校
DSCF2646a.jpg
撮影可は以上の5点

基本、手前に描かれている人物とは目が合う、やぶ睨みなことが多くて気まずい

致命的なのはスラブ民族や神話についての知識が皆無だったこと
民族の苦難、アイデンティティー、歴史などが描かれているようですが知ってる人というとヤン・フスくらい
でも綺麗でくどく無い絵はとても素敵でした

番外編
草間彌生の『木に登った水玉2017』
IMG_2431a.jpg
1Fで開催されていた草間彌生展のため木々は水玉に浸食されていました

そして桜
DSCF2664a.jpg
今年は長いこと咲いてたな~
スポンサーサイト

テーマ : art・芸術・美術
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

No title

国立新美術館で開催中の
ミュシャ展に行かれたんですね(〃゚∇゚〃)

桜も綺麗~e-420

その桜ですが
なんと水玉~??(笑)

草間彌生展のためと
わかり 大いに納得。
でも インパクトありましたe-454

最後の小さな桜の写真が
素敵でしたi-80

Re: No title

どうも嫁がミュシャを好きだというもので
でもデッカイ絵が多くて迫力ありましたよ
ちょうど桜も満開だったのでよかったです。

いつもコメントありがとうございますv-407
プロフィール

眼鏡ノッポとデカ目チビ

Author:眼鏡ノッポとデカ目チビ
凸凹夫婦が日々の好きなこと、興味深いことなどをつづっていこうと思います。
ごはん・甘味・映画などはノッポ(夫)、旅行・洋裁などはチビ(嫁)が書いています。
拙い文章ですが、宜しくお願いします。
【使用カメラ】
CANON S95(夫)
RICOH CX4(嫁)
FUJIFILM X20(嫁)

最新記事
カテゴリ
本棚
最新コメント
かうんたー
ブロとも一覧

残り40年で世界を周る

ゼロから始める楽しい登山―初心者でも登山を10倍楽しむ方法を公開!!―

kunysの日々いろいろ

ホントのところ

美味しいものが食べたい!

LEVEL1 FX-BLOG

お前が好きだ!〜俺日記〜

晴れ時々、○○…。

モノホシブログ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR